ワンセルフ・インターナショナル ビジネスコーチング・ビジネスカウンセリング研究所
メールマガジン リンク集
ワンセルフインターナショナル
ワンセルフメッセージ
  会社概要・講師紹介
  プログラム紹介
  講座スケジュール
  個人カウンセリング・コーチング受付
  アクセスマップ
講演・取材依頼受付中
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上司のすごい話し方 『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』中本雅子 著
1470円 徳間書店

部下を活かすも殺すも話し方次第。言葉ひとつで組織は劇的に変わる!
上司のすごい話し方 New!
『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』
台湾版も出版!

詳しくはこちらをご覧ください。
上司のすごい話し方 『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』
韓国語版が出版されました!

詳しくはこちらをご覧ください。
ガンから教わるワンショットセラピー 『がんから教わるワンショットセラピー』中本雅子 著
840円 文芸社

店長の悩みがスッと消える『完璧コーチング術』中本雅子/橋本泉 著
2000円 繊研新聞社

よりよいコミュニケーションによって、自分らしいリーダーシップを発揮したい方に向けたコーチング実践の書。
 
マンダラパステル・ワークショップ

マンダラパステル・ワークショップ曼荼羅とはサンスクリット語で円を表します。

ご自身の中心を意識して描く「曼荼羅パステル」は集中して色のエネルギーを感じる至福のひとときです。
完成度の高い作品をどなたでも仕上げることができます。

『曼荼羅』と聞くと多くの方が「仏様を描く」「チベット仏教の絵」と想像しますが、 曼荼羅とは本来は「円を描きながら自分のうちに向かう」ことを 音楽や踊りまたは絵画で表現していくものです。
その道のりを通して「新しい意識へとシフト」していくアート表現の一つとして、古代から語り伝えられてきた人類の智恵なのです。

【対象】
下記の二つの条件の両方を満たす方ならどなたでも
参加できます。
・20歳上の心身ともに健康な方
・2時間以上の和(NAGOMI)アートを体験した方
(他校での和アート体験でもOKです)

〜和アート準および正インストラクターの方へ〜
弊社の一日講座を体験していただいた後はご自身の
教室でこの手法を使ってのクラス展開が可能です。

ワークショップ(体験型セミナー)

【日程】2016年10月6日(木)
 ※一日(または半日)講座です。
  下記の中からご都合のよい日をお選びください。

【時間】
 下記の二つのコースからお選びください。
 お申し込み時に備考欄に明記ください。
 ・半日コース:10:00〜13:00
 ・一日コース:10:00〜17:00
       (ランチ休憩:およそ13:00〜14:00)
 ※30分前開場、オンタイムスタート。
 ※一日参加希望の方はお弁当をご持参になるか各自で外食ください。
 (外食場所はお申し込み後の受付メールでご案内いたします)

【会場】弊社

【対象者】和(NAGOMI)アート2時間以上

【参加費】
 半日コース:5,000円(税込)
 一日コース:10,000円(税込)
 ※参加費は当日持参となります。
 ※再参加について
  再参加については他校出身と弊社出身で価格が異なります。
  体験時間によっても異なりますので
  どの程度の体験があるかをお書きになって
  お問い合わせください。

【申込の締切日】原則的には各ワークショップの開始の1週間前となります。
 ※1週間前から取り組むプレワークがございます。

【定員】5名

【内容】
 ・プレワークのシェア
  (1週間前に事前の自己観察の課題がございます。受付メールにて詳細ご案内)
 ・半日コース:練習アート(はがきサイズ)1枚 、曼荼羅アート(15センチ四方)1枚 合計2枚
 ・一日コース:練習アート(はがきサイズ)1枚、曼荼羅アート
      (15センチ四方)2枚、黒曼荼羅1枚 合計4枚(予定)  
  ※黒曼荼羅は弊社オリジナル手法で一日コース限定の体験となります。
   手が汚れるので希望者のみ。
  場合によっては通常の曼荼羅アート3枚の合計4枚
 ・描いた作品のシェアタイム 、イメージワーク 等 

黒曼荼羅

【持ち物】和(NAGOMI)アート用のパステル道具一式
 ※パステルの貸し出しは13色セットとなり、半日コースが+500円、
  一日コースが+1,000円を別途頂きます。
 ※その他20センチ程度の定規、コンパス、テンプレート定規各種が ある方はご持参下さい。
  (無くても描けます)
 ※画用紙、マスキングテープ等の消耗品は弊社でご用意いたします。

【講師】 中本 雅子     
 ワンセルフ・インターナショナル(株)メンタル・トレーナー
 日本パステルホープアート協会(JPHAA)認定 正インストラクター
 元・東邦大学特任研究員:心理カウンセラー     
 TCカラーマスタートレーナー     
 →プロフィール詳細
 →中本雅子のホームページ

【補記】 
 ◆弊社の曼荼羅アートは神戸在住のはにやかよさん が創始されたものをベースにしていますが、
  オリジナル手法をいくつか加え、 エネルギーに溢れた曼荼羅アートを完成するような独自の
  構成をしています。
 ◆このワークショップのみ、キャンセルルールを設けていますのでご注意ください。
  詳細は参加費の項目をご参照ください。
 ◆終了時間は30分前後延長になる可能性がございますので、ワークショップ後の予定は余裕を
  持ってお立てになってください。
 ◆半日コース参加は他の方に教えることはできません。


講師からの補足説明

【曼荼羅の歴史】

日本人が慣れ親しんでいるマンダラはカタカナやひらがなではなく、漢字の「曼荼羅」。
マンダラは、仏教と共にインドから始まって、ネパール、チベット、中国を経て、漢字となって
日本に伝わりました。日本に伝わったのは、弘法大師、空海のおかげと言われています。
今もチベットやネパールに行くと、チベット密教の僧侶たちがマンダラを描いたり、
すでに壁や紙に描かれた古いマンダラの前で修業をしていたりします。


一般的なマンダラの描き方は、中央に大日如来を配し、
その周りにさまざまな仏たちを描いて行き、
聖なるものを作りだしていくものです。
作りだしていく中で「自分の人生において大切なものは?」
を見つける対話が実は始まっています。
ですから本来マンダラとは、真理を見つけ出すまでのプロセスとして、
今日まで語り伝えられている人間の智恵が作り出した装置ということができます。

MANDARANURIE_011.gif
【現代の曼荼羅】

 現在は色々な専門家の方たちが、
 アートセラピー、メンタルヘルスの一助として
 マンダラを求め、参考にしています。

参加者の体験、感想の一部
 

○久しぶりに慌しい生活を忘れ、どっぷりと色の世界に入り込めた
 幸せな体験でした。
 描いた4枚の絵は自分が描いたとは思えないほどの出来で、
 見るたびに自分を励ましてくれています。一生の宝物です。
(40代:女性:会社員)

○頭の中が自然に無になり、集中してリラックスするという感覚を
 掴んだ一日でした。心の淀みや垢が綺麗になった感じです。
(50代:女性・会社経営者)

○一枚、一枚と作品が進むたびに絵のエネルギーが澄み渡って
 行くことを痛感しました。 「上達した」と言う言葉は適切で
 ないかもしれませんが、確実に絵や色や形の力が違っていきました。
 自分の作品を見るだけで自分のエネルギーのバランスが整うことを
 実感しています。
(40代:女性・アロマセラピスト)

【注意】感じ方については個人差がございます。ご了承ください。



★「曼荼羅」をヒーリングアートとして推奨している書籍のご紹介★

マンダラとはサンスクリット語で円を表します。
中心から外に向かって放射していくデザイン形式であるマンダラは
芸術や建築、伝統的な踊りなど、どの文化においても古くから普遍的に用いられています。

ここでのマンダラは自己を中心に見すえて
統一していくための瞑想の一助としてのアート・ヒーリングとして用います。

ストレスがたまったり考えがまとまらないようなときは、
この手法によって「自分の考えを集め」、「自分の知力を結集させ」、
「自分自身を引き上げる」ことが出来るようになっていきます。

マンダラを創り出していく過程の中で、
あなたは自分自身の深い部分に触れていくことが出来るようになります。

〜 マリリン・ファーガソン(米国の社会心理学者、社会運動家、作家)著
「マインドチェンジ」たま出版 より〜






ページトップへ




copyright 1989-2012 ONESELF INTERNATIONAL all rigths reserved.